お約束 陶芸体験予約プラン アクセス

2020年 小規模事業者持続化補助金事業 コロナ特別対応型4回目 採択(条件付)

非対面ビジネスモデルへの転換(参考例)
店舗でサービスを提供している事業者が、新たにVR等を活用してサービスを提供するための投資
太田川のセセラギが聞こえる「陶芸&調理体験」
 グランピングテラスとアクションVRカメラを活用した事業展開


風炎窯で実施している「陶芸&調理体験」の強みは、工房に面した太田川の景観であり、
それを活用するために「屋根付のテラス」を整備しました。

上記に「アクション(VR)カメラ」を加えることで「新たな需要」を開拓します。

●既存テラスの基礎を再利用した屋根改修 光回線・フリーWIFIの設置

 

 

 



●テラスからの風景 太田川 おろち雲 五輪山



 





●コロナ禍での「VRカメラ=ゴーグル」について

 ・テラスでの各種体験に向けて、「超広角や360°動画のリモート活用」を始めていますが、
  VRにつきましては、衛生上の観点から「使い捨てのゴーグル」を使っています。

 ・広島県では、6月20日まで緊急事態宣言下で、体験参加者が激減しており、
  今後の「コロナ禍の終息」「VRゴーグルの普及」を見ながら、進めてゆきます。

 

 

 

●「アクションカメラ」の活用状況

 ・「陶芸講師(電動ろくろ)の技術」  添付MAIL          事前にリモート
 ・「調理講師の手さばき」       テラスのテーブル(モニター)  同時にリモート
 ・「ブライダルセレモニー」      添付MAIL          後日にリモート
 ・「ダム放水、鉄滓探し、SUP」   WEB配信           事前にリモート

  ※上記のVR化を検討中



 

 ・顔出しを許可される場合のみ、当日の現場の様子をSNS配信




●テラスを活用した「陶芸&調理体験」 WEB告知 3プラン


  


 ・風炎窯HPでの掲示 SNSにて告知


 ・カップルや御夫婦の記念日としての陶芸体験

 

 

 







 ・天然鮎の販売が8月中旬 それ以降で実施


 

 ・通年実施 TATARA鍋








 ・夏休みに実施 SUPオプション(専門家と調整中)
 ・温井ダムの放水 河原の鉄滓 深山の滝 紙芝居(VR化)


 



 ・川・森・文化・交流センター 水の文化館 映像コンテンツのICT活用
  (民話・たたら製鉄映像 動く紙芝居・絵本 SDGs環境学習)



●パンフレットのデータ制作
 ・A4パンフ(3折り) 3000枚 内容を調整のちオフセット印刷(延期)
 ・緊急事態宣言下の影響で体験参加者が激減。
  そのためオフセット印刷は、内容を精査し、実施を重ねながら修正する必要があります。
 ・風炎窯HP&SNSにて宣伝








●事業再開枠の備品
 ・換気扇工事(屋内A)2カ所 空気清浄機(屋内A、店舗)3か所 体温計1個