太田川のセセラギが聞こえる陶芸CAFE


TATARA鍋 & MOONスキレット










  







CAFE体験 予約制 1日2組限定

2019 9/1〜11/30 まで


 ●場所 広島県山県郡安芸太田町加計 風炎窯 工房テント
 ●人数 2名〜20名のグループ


 ●新感覚・広島お好み焼き   ¥800(前予約)
 ●ソーセージと野菜の蒸焼き  ¥700(前予約)
 ●ホットドック・ランチBOX ¥600(当日可)



●TATARA鍋(公式WEB)
●風炎窯アクティブアーチ陶芸倶楽部(公式WEB)
●龍姫湖おろち伝説・体験エリアゲート(公式WEB)
●素泊スペース・キャンパーRVスペース(無料)



  

  



  






  





  









縄文回帰なTATARA鍋
TATARA鍋は「低温調理」「糖質オフ」に進化した土鍋です。
毎日の健康にとって食生活は大切なことですが、スーパーマーケットには便利な加工食品が溢れ、知らず知らずのうちに糖質過多になるばかり。これが、糖尿病や癌といった成人病の原因になっています。
TATARA鍋は「低温調理・ウォーターシール・遠赤外線」によって、野菜や肉の「旨味」を引き出します。気付かないうちに「薄味」になり「糖質オフ」な食生活に近づいてゆくのです。
低温調理や糖質オフが、調理や医療の常識を変えようとしている昨今、その先に見えるのは、狩猟が主だった「縄文時代」の暮しなのかもしれません。
体験したいTATARA鍋
この特性は、鋳物ホーロー鍋が得意なところですが、重たいという欠点があります。TATARA鍋は手取りが軽く、メンテナンスフリーですが、IHが使えません。(付属のラジエント・電気オーブンレンジは可能)なので、どちらにも一長一短があります。
TATARA鍋は、手作りでしか作れないフォルムと、高性能な超耐熱粘土のため、量産品より高めの価格です。月に10個しか作れないために、入手方法も限られています。
公式WEBには、TATARA鍋の生まれた背景・調理レシピ・取扱い・アウトレット情報がありますので、まずはご覧ください。
そして体験です。風炎窯では「TATARA鍋まつり」「陶芸体験」「CAFE体験」を企画しています。