@オソラの星 〜 カナメちゃんのブルース (3拍子)

Am Dm Am Dm G7 Am
あたしは砕けた女 お山で掘られて 流され 黒い 砂鉄に なりま して お馬に 揺られて 旅に出
ハゲ山で出合った男 炭焼小屋で 燻され たたらの 炎に なると いう 分かれの 道を 間違え

Am Dm Am Dm G7 Am
たたらの鉄が生ま あたしは用無し ゴミにな オソラの 上から 雨が降 転げて 河原で 丸くな


奥安芸の鉄物語〜オソラの星  絵・いくまさ鉄平 文・林 俊一 (工事中)    
 1

NA)  【奥安芸の鉄物語〜オソラの星】

     始まり〜始まり〜

     これは、昔、昭和33年まで、加計にあった”帝国製鉄”です。

     その跡地で開催している「しわいマラソン」の会場から、
     この物語は始まります。

 2

NA)  温井ダムを夜明まえにスタートし、
     安芸太田町の全域をまわる100kmのコース。

     ゴール直前に、温井ダム脇の長い階段を登るという、
     とんでもなく過酷なマラソン大会です。

     あれれぇ?

     会社の新人研修で、いやいや参加している”正夫くん”は、
     歩いているようにしか見えませんねえ。

正夫)  あっはあ〜〜 も〜ダメ・・ 先輩、先に行ってくださいよ〜

 3

正夫)  ふう〜〜〜〜〜  こりゃ、イジメだ。 (←不満)

      かっこいいスーツを着たのは入社式の時だけ。 毎日、毎日、汗まみれ。
      もう、こんな会社は辞めたいよ〜

      あれっ?

      ここは、前に迷子になった場所と、似てるなあ〜

      もしかして・・・

 4

カナメ)  やっほ〜 正夫くん。 カナクソ様は、こっちよ〜 (←元気に)

正夫)   カナメちゃんの声だ。 カナクソ様、そんなに高いところにいるの?

NA)   正夫くんは、スキー場のゲレンデで一休み。 マラソンを放り出してしまいました。

カナクソ) う〜ん う〜ん う〜ん よく来たなあ〜 正夫。 (←ゆっくりと)

 5

正夫)   わーい。 カナクソ様、お久しぶりです。

       姿は見えないけど、声が聞こえますよ〜

       僕は今年、「鉄の会社」に就職しました。

カナクソ) そうか。

       正夫や。 馬の背中に載せて運んでいた砂鉄や、炭焼き窯のことを覚えとるか?

正夫)   もちろん。

 6

正夫)   今の日本の製鉄は、鉄鉱石や石炭を、外国から輸入していて、
       世界で2番目の生産量ですよ。 (←自慢げ)

カナクソ) 大量生産、大量消費、これも時代の流れということじゃなあ。

       あまり知られておらんが、
        太田川上流の片隅でも、近代化の歴史はあったんじゃ。

 7

カナクソ) ワシはな。 土の中から、掘り出され、
       今では、「オソラ」の上の、そのまた上に隠れておる。

正夫)   はあ? どうゆうこと??

NA)   山の天気は変わり易く、だんだんと暗くなってきました。
      正夫が、あたりをキョロキョロした、その時です。

カナメ)  正夫くん。 カナメといっしょにタイムスリップしょう。

音)    ババン バババババ〜ン (←衝撃的に)

カナメちゃんを
丸く可愛く。
 8

正夫)   ぎゃ〜雷かあ〜 (←びっくり)

カナクソ) たまげたか?
       原生林を、ダイナマイトで切り倒しておる。

正夫)   カナクソ様、木は、ノコギリや斧で切り倒すんじゃないの?

カナクソ) 今は、第二次世界大戦の真っ最中じゃ。

       戦争で、ガソリンが無くなり、木炭を作るために、
       人間は、神として崇めていた”恐羅漢という山”を、壊し始めたんじゃ。

音)    グォ〜〜 危なあで〜 ブーブー (←紙の引き方?)

本絵を小さく切り抜いたため、
パワポで投影したら、
画素が荒いです。

修正できますか?
 9

カナクソ) このトラックは、木炭を燃やして動くんじゃが、馬力が出ん。
       坂道では、人が後ろから押さんと動かんし。

       カッコは、ええんじゃがのう。

正夫)   あれ〜 荷台に載っているのは、カナクソじゃないの?

カナクソ) そうじゃ。 よく解かったなあ〜

正夫)   あれれ? 森の奥から、何か聞こえてきたよ。

  10

住民)   「鉄が無あで〜 ガソリンが無あで〜 腹減ったのう 皆で拾ってつかあさい。」

       「捨てられたカナクソまで拾ろーて、ホンマにアメリカに勝てるんかいのう?」

       「子供も手伝え エンヤコラ〜 学童疎開じゃ エンヤコラ〜」

       「ありゃりゃ? 丸いカナクソじゃ。 こいつも連れてっちゃろ。」

NA)    その行く先は、加計にある帝国製鉄です。

カナメちゃんを丸く可愛く。
 11

NA)  この製鉄所が建設されたのは、大正時代。

      外国の進んだ技術を導入して、捨てられたカナクソをリサイクルしようとしたのですが、
      失敗が続いて、閉鎖されていました。

     やがて、昭和になり、日中戦争や、第二次世界大戦が勃発・・・

 12

NA)   ”鉄のモノツクリ”が盛んな広島や呉は、軍需産業の拠点になってゆきました。

      その後、加計の帝国製鉄は、再び改修され、
       降って沸いたような忙しさに、見舞われたのです。

カナクソ) 正夫や。 中を覗いてみるぞ。

音)     ゴーゴーゴー

 13

正夫)   わぁ〜〜 大きなレンガ煙突だ。

カナクソ) 上から、カナクソと木炭を”カワリバンコ”に落としながら、
       ダムの発電所から送られる電気で”モーター”を回し、強い風を送っておる。

       下からは、赤く溶けた鉄が、ドロドロと流れ出る”仕組み”じゃ。

正夫)   すごいですね。

カナクソ) すごいといえばすごいんじゃが、まあ座れ。

       でもなあ。 (←悲しそう)

       捨てられたカナクソが拾われて、戦争の道具になるのは悲しいことじゃ。

       これから言う事を忘れるな。

 14

カナクソ) ワシは、もう、死ぬのが近い。

       これから、激しく燃えたぎる溶鉱炉に、特攻する!

       真っ赤になってトロケ出て、ゼロ戦の防弾鉄板になるんじゃ!

       そして、突入する! それが、ワシの運命じゃ!

       カナメと正夫は、生き残って、考えてみて欲しい。

       「モノツクリと平和」  これがワシの遺言じゃ〜 (←ゆっくりと明確に)

 15

カナメ)  カナクソ様、そんなのイヤ〜 行かないで〜 わ〜〜

カナクソ) サラバじゃ!

       カッコ悪いが、やっぱり死ぬのは怖いぞ〜

       ゆくぞ! うお〜〜〜 熱いぞ〜 熱いぞ〜

音)     ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 (←高音域〜低音域)

       ババババ〜ン  ぎゃ〜  ・・・・・ (←衝撃的に)

 16

NA)   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (←しばらく無音)

       その後、しばらくして、広島に原子爆弾が投下され、
       多くの人が亡くなり、日本は負けてしまいました。

       廃墟になった広島ですが、その後、カナクソ様の予言どおり、
       造船、自動車、鋳物、針などの”モノツクリ産業”によって”復活”していったのです。

   17

NA)    正夫は、長い間、夢の中を彷徨いました。

       やがて、熱風と、騒音と、汗と、油の匂いに包まれていました。

       気持ちが落ちついてくると、
       遠くから、職場の先輩の声が聞こえてきました。

       ・・・・・・・・・・

先輩)   お〜い、正夫。 しゃあないかあ〜〜〜

 18

先輩)   コースを間違えるとは、ドジなやつじゃのう〜
       スキー場で、ぶっ倒れとったとこを、運んできてやったんで〜。

       仲間じゃけえのう。 (←愛情深く)

NA)    元気になった正夫は、
       温井ダムの脇の481段の階段をトボトボと登り、ゴールの様子を見ようとしました。

       ところが・・・

 19

アナウンス) 会場の皆さん、いよいよ、最後の選手が、ゴールします。

音)      パチパチパチ・・・

観客)    ええど〜 頑張ったのう〜 しわいよのう。 よう歩いたのう。
        もちいとでゴールじゃあ〜

音)      パチパチパチ・・・

アナウンス) さ、帰ろ♪ (←素気なく)

 20

NA)    帰り道の途中、日が暮れて、満点の夜空に、「オソラの星」が輝いていました。

正夫)   カナメちゃん、淋しいね。

カナメ)   カナクソ様は、星になっちゃったわ。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NA)    その後、職場に戻った正夫は、まるで別人のように、働きはじめました。

       そして、広島のモノツクリ産業は、今も発展し続けているのです。  (12分)



Aオソラの星 〜 カナメちゃんのブルース (3拍子)

Am Dm Am Dm G7 Am
あたしは砕けた女 戦の風が 吹き始 カナクソ 様が 運ばれ もう一度 強い 鉄にな
あたしは一人残さ 川の流れに 流され オソラの 向こうに 見えまし キノコの 雲と 黒いあ

Am Dm Am Dm G7 Am
あたしを育ててくれ カナクソ様は 星にな オソラの 上から 微笑ん いつも あたしを 見ていてくれ

G7 Am G7 Am
カナメ カナメ 砕けた女 カナメ カナメ 砕けた女 さ、帰ろ♪