ROUTE191 〜 蒸気まんじゅう物語


 





 







 


道具

 加計商店街にあった福間製菓が、イベント時に長年使っていたものを、平成30年5月21日に譲り受けました。子ども向け体験プログラムに活用します。


 追記:元祖、萩市浜崎の山崎さん、60年営業(92才没)
 鋳型製造:岡山の菓子業者?






ROUTE191 〜 蒸気まんじゅう物語

 広島市安佐北区可部を起点に、安芸太田・益田・萩・下関へとつながるR191。沿線には「たたら製鉄」の遺構が数多くありますが、不思議なことに江戸後期に一大産地であった安芸太田町には、看板の一つもありません。

 それに反して、日露戦争(明治37年)の頃、萩が発祥とされる「蒸気まんじゅう」が、安芸太田町加計地区で、古くから根付いています。神社の祭、夜神楽の音色、屋台の蒸気まんじゅうの香りは、秋の風物詩でした。蒸気まんじゅうは、現在のイベント会場でも見ることができます。

 たたら製鉄が最盛期だった江戸後期、加計隅屋の砂鉄の主力供給地だったのが三隅・井野。さらに津和野・萩藩との関係には、何かがありそう。明治の初頭に加計隅屋が廃業し、国営の広島鉄山(三次・布野)による延命策がされながら、萩は近代化に向かった。

 加計に、西洋の技術を応用した太田川製鉄(木炭銑)が建設されたのが大正7年。第一次世界大戦の終戦に伴い、操業は不調でした。

 昭和2年、東城の帝国製鉄が復活し、八幡製鉄と提携。昭和6年に萩の林家から資本を得て軌道に乗り、昭和13年に加計工場が復活した。

 現在、奥出雲が中心と考えられている「たたら製鉄の歴史」ですが、安芸・石見・津和野・萩の全容が明かされると、歴史がひっくり返る可能性があるという複数の専門家がいます。

 オモシロイ♪ 何かが発見できるといいな♪





ROUTE191 〜 可部・鋳物・川舟

 R191の東の起点である、広島市安佐北区可部は、古くから羽釜などの鋳物の産地で、現在でも唯一「五右衛門風呂」を作っている工場があります。全国的には長州風呂として流通したのは、芸州よりも長州のほうが、ブランド力があったということ。また、加計に向かうR191の太田川沿いには、マンホールや広島針の工場が稼動しています♪














ROUTE191 〜 石見&津和野

 中世(毛利)のち、石見銀山とたたら製鉄(村)は、江戸幕府直轄の天領となったのち、たたらの領地(飛び地)は、津和野藩の領地に移った。

 まずは、R191を広島から島根県に入るとスグにある「本谷たたら」は、加計隅屋の経営規模と警戒体制が表記されている。人馬に加え、加計からの川舟など。さらに「鍋滝たたら」は、加計隅屋から、金城三浦に譲渡されたもの。さらに、R191の先にある「大鳥たたら」の看板。

 松江藩の規制があった出雲に比べて、安芸・石見では、民間も参入して、材料や技術の広域的な交流が活発であった♪












 


ROUTE191 〜 カナメちゃん・奇跡の里帰り

 たたら製鉄の操業時に、不純物として排出され、山に放棄されたのがカナクソです。時が流れ、川に転げて丸くなったものが発見できます。

下の画像は、太田川水系で収集したカナメちゃん。拾われただけでも奇跡なのに、西中国山地を超えて、砂鉄だった頃の「三隅・井野」に里帰りしました。ある意味、歴史的快挙かな?

 島根県では、砂鉄と棚田の関係が調査されています。マサ土に3%程しかない砂鉄を、谷や水路に流しながら比重選別した。山の地形が変わってしまうほどの土木工事であり、流された残土が下流に堆積し、平野となった。

 広島の太田川水系では、1628年、広島城の堀が埋まるとの理由で、砂鉄採取が禁止されました。広島デルタは、中世やそれ以前に、太田川の残土が堆積し、江戸期以降に計画的に灌漑されたものです。広島のたたら製鉄が栄えたのは、井野からの高品質な砂鉄が安定的に供給されたから。

 現在、三段峡で多く見られるカナメちゃんの生まれ故郷は、日本海が見える棚田なのです。



 






ROUTE191 〜 絵巻対決

 島根県益田から山口県に入り、しばらく走り、ホルフェンス海岸のある須佐は、スサノオ伝説があるところ。その先を左折して、狭い山道を走ると、白洲たたら製鉄遺跡がある。

 萩藩のお抱え絵師が書いた「先大津阿川村山砂鉄洗取図」の現場であり、山砂鉄採取の図と、現地の山並みが良く似ている。他に、川砂鉄、浜砂鉄の記録があります。

 たたら製鉄の最盛期の江戸後期のビジュアル記録は僅かであり、加計隅屋鉄山絵巻と双璧される。加計隅屋鉄山絵巻は大鍛冶の労働者が描いたもので、所作が正確であると評価されている。



 


先大津阿川村山砂鉄洗取図




加計隅屋鉄山絵巻






ROUTE191 〜 大板山たたら・世界遺産

 白洲山を越えて、細い県道を走り、萩に向かう途中から、また山奥に向かう・・

 思うに、山口県より島根県のほうが、たたら製鉄の世界遺産化に向けて、積極的だった。しかし、それよりも時代が下る近代化遺産のほうが登録された。ここ大板山たたら遺産は、江戸期の遺構でありながら、そうした流れに乗れてラッキーですね。

 ビジターセンターにはパネル資料があります。常駐のガイドさんは地元の主婦で、嫁入りした頃、ここらに小屋があった記憶があるくらい。それが世界遺産になったので驚いたそうな。

 長州は、砂鉄が少ないため、たたら製鉄が遅れていた。安芸・石見(津和野)の技術を、藩命でスパイしたと思われる古文書(1816年・猪退谷たたら)があります。また、墓碑によると、職人も各地から集まったようです。

 現地は整備され過ぎて、カナクソは発見できませんでした。



 







 






ROUTE191 〜 ガイディング

 たたら製鉄とは、日本独自に進化した製鉄でありながら、現代からは乖離した存在であり、遺構を見学しただけではイメージし難いもの。ガイドの力量が大切ですが、話しだけでは伝わらないマニアックなもの。

 ここでは、ガラスの透かし、タブレット、陶板を使っての工夫がありました。私の場合、同じような発想で始めた「紙芝居」ですが、苦戦しています。



 






 

 


ROUTE191 〜 中世からの流れ

 奥安芸(豊平)の「中世たたら遺構」は、先進的な地下構造や規則性があり、それが出雲に伝わったのが解明されてきました。製鉄民としての「毛利家」が調査されつつあり、近世になり、広島藩主から「砂鉄の採れない長州藩主」に左遷された流れにも、何かあるかもしれません。

 砂鉄の供給地が浜田とありますが、これは「三隅・井野」のことで、加計隅屋と同じ場所。さらに安芸・石見の技術を、萩藩がスパイしたという古文書が発見されています。








ROUTE191 〜 産業革命

 イギリスが100年余りかかった工業化を、日本は50年余りで成し遂げたことは、東洋の奇跡といわれる。世界には多くの産業遺産があるが、このスピード感が「世界遺産」の根拠となるもの。

 製鉄の近代化に向けた国策の拠点は、広島・岩手・群馬でした。釜石はオランダの技師により、鉄鉱石と木炭による「高炉製鉄」に取組みましたが、不調・・ 広島はフランス帰りの技師によって、カナクソと木炭による「角炉製鉄」に取り組みました。

 明治38年あたり、釜石では「石炭・コークス」での製鉄に成功し、広島も「木炭銑」に成功した。国営製鉄所の候補地は、広島の坂であったが、釜石の成功により、北九州に決まった。筑豊の石炭と、鉄鉱石の輸入経路が、主な理由。

 あまり評価されていないのが「野島親子」の存在。国営広島鉄山の技術を引き継ぎ、大暮〜東城〜加計(帝国製鉄)〜安浦へと継承した。八幡製鉄との資本提携もあり、萩の林家からの資金援助もあった。急激な西洋化に、「木炭銑」の優位性をもって立ち向かった執念には感服します。(産業革命遺産としての扱いなし)













ROUTE191 〜 反射炉

 近代化の象徴とされ、オランダ人が伝えた反射炉ですが、西洋的には高炉製鉄に移行する過渡期の技術とされる。反射炉とは、炎を一旦天井に対流させることで熱効率を高めようとしたもの。炎の引きの強い高い煙突と、背面のロストルで、効率的に炎をコントロールしようとしたのでしょう。単窯の天井部分(鉄骨で補強)は崩壊しています。試験途中で断念した。R191沿いにあります。








 







 


ROUTE191 〜 蒸気まんじゅうの道具

 平成30年5月21日に譲り受けました。加計商店街にあった福間製菓が、イベント時に、長年使っていたものです。体験プログラムに活用します。