鳥取県 たたらサミット プレゼンテーション
2018年10月21日



 こんにちわ。私は広島県安芸太田町から参りました林俊一と申します。仕事は陶芸家なのですが、ひょんなことで地域に眠る製鉄の歴史を発見しました。2011年、加計隅屋鉄山絵巻の一般公開の手伝いさせて頂いたこともあり、前回のたたらサミットに呼んでいただき、素人ながら発表させていただきました。あれから5年が経過し、再びこのような場に呼んでいただき感謝いたします。

 たたら製鉄の研究と情報発信が盛んな出雲・伯耆・備中・備北に比べて、安芸の広島は、あまり製鉄文化の研究が盛んではありません。しかし、昨今の専門家による書籍・新聞報道により、新たな歴史が見え隠れしています。安芸・石見・萩をひとつの広域エリアととらえ、解り易く整理してみました。

 タイトルの「蒸気まんじゅう」ですが、萩・阿武・安芸太田に残る懐かしのスイーツですが、ここにもストーリーが眠っています。




 これは、広島市可部から下関に通じる国道191号線ですが、周辺の鉄の歴史の痕跡をグーグルマップに整理し、簡単な時間軸としてパワーポイントに並べました。多少ルートから外れる場合もありますが、安芸の広島、津和野を含む石見、萩を広域エリアとして解釈しています。




 古代朝鮮語ではスサとは鉄の事なので、スサノオとは鉄の王様という意味です。ホルンフェス海岸がある、萩・須佐から上陸したという伝説があり、日本書紀には「安芸の可愛(えの)」から出雲に向かったという一行があります。

 また、初代天皇の神武天皇が宮崎・高千穂から東へ向かう遠征の途中で、安芸・府中の埃宮、可部の帆待川に立ち寄ったとの伝説があります。日向は古代の鉄産地で、それが枯渇したのでしょうか? 奈良・橿原にたどり着き、日本を建国したというのが、日本書紀の記述です。




 今佐山遺跡は、浜田道の瑞穂インターの工事に伴い発見された古墳時代の製鉄遺跡で、同時に平安時代の遺跡も確認されています。「野だたら」から発展した「吹子たたら」が金屋子縁起に残されており、金城の資料館に展示されています。

 やがて中世になると「出羽鋼」というブランド鋼が生産され、名刀が生まれました。瑞穂・邑南は、石見エリアでは最も古い製鉄遺跡が発見されているところです。




 安芸


















































ROUTE191 蒸気まんじゅう物語 PP  
現代 R191 広島可部〜萩(下関) 安芸・石見・津和野エリアの鉄の歴史 蒸気まんじゅうとは? グーグルマップ
古代 スサノオ伝説(萩市須佐) 神武天皇伝説(安芸・府中町埃宮、広島市可部) 飛び地について  画像
中世 吹き子絵図(石見・浜田市金城) 出羽鋼(石見・邑南町) 絵画
中世 坤束(こんぞく)製鉄遺跡(安芸・北広島町) 製鉄民としての毛利のDNA(相模〜柏崎〜安芸高田市) 有田神社の白鷺伝説(安芸・北広島町) 画像・書籍
江戸初期 広島城築城に伴うかんな流しの禁止(安芸・太田川水系〜デルタ) 砂鉄供給地としての棚田(浜田市・井野) 鉄の道(浜田市・金城・1811年) 画像
江戸中期 飛び地としての浜田藩・津和野藩(石見銀山・たたら製鉄) 天秤ふいごの発明(1600年代後半?・浜田市・川本町) 資料・画像
江戸後期 太田川の川舟(1797・広島藩絵師・岡岷山) 〜 月ヶ瀬 〜 安芸十り 〜 大坂鉄座(1780年) 絵画・画像
江戸後期 本谷たたら(1824年、益田市匹見) 鍋瀧たたら(1850年加計隅屋から金城三浦氏に転売) 加計隅屋の経営図 絵画・画像
江戸後期 加計隅屋鉄山絵巻(北広島町・大暮?) 加計隅屋掛軸(邑南町・市木) 佐々木古仙斎(たたら労働者〜絵師) 資料
10 江戸後期 白須たたら絵巻(長州藩絵師・阿武町・46m) 長州藩(産業スパイ、津和野) 大板山たたら(萩市・阿武町) 反射炉・造船所(萩市) 資料・画像
11 近代 帝国製鉄加計工場(官営広島鉄山〜広域 萩資本 木炭銑) 八幡製鉄との提携 広域性(移転〜呉市安浦〜マラヤワタ) ニッタイ奈古工場? 画像
12 近代 長州風呂と五右衛門風呂の関係(広島市可部) 広島針 新聞マーケティング 画像・資料
13 現代 TATARA鍋&MOONスキレット(安芸太田町、風炎窯) 可部鋳物・低温調理・遠赤外線  WEBマーケティング 画像
14 現代 龍姫湖おろち伝説(安芸太田町・温井ダム) 紙芝居(日本書紀 芸藩通史 可愛神社 民話) 体験プログラム 紙芝居・資料
15 現代 三段峡たたらの森(安芸太田町・QRコード構想中・熊南峰以前〜) 鉄を含む地質と植物と生態系 画像・資料
16 現代 蒸気饅頭の不思議???(萩市・阿武町・安芸太田町) 壬戌丸?(じんじゅつまる) 紙芝居・資料